三井住友VISAゴールドカード

トップページ > ラウンジカードの一覧

公共料金から国民年金まで全てを集約できる

三井住友VISAゴールドカード

カード名三井住友VISAゴールドカード
海外ラウンジ数年会費1万円(税抜)
国内ラウンジ数27カ所ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高5,000万円利用限度額70~200万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円ショッピング保険300万円

  1    国内の空港ラウンジが無料で利用できる

全国27以上の空港ラウンジが無料で利用できます。例えば「羽田、成田、新千歳、仙台、伊丹、関西、福岡、那覇」などで出発前のひとときを快適に過ごせます。

  2    公共料金と国民年金も1枚のカードで支払える

クレジットカードで「電気、ガス、水道、新聞、携帯電話、プロバイダ、国民年金」などが支払えます。さらに国内外に数多くのVISA加盟店があるからポイントも貯まりやすいです。

  3    旅行傷害保険&ショッピング補償で安心

海外と国内旅行での死亡や後遺障害は最高5,000万円、海外疾病は150万円、海外携行品30万円、満19歳未満の同居する家族も最高1,000万円まで補償されます。

  4    ワンランク上の信頼でとにかく安心

三井住友VISAゴールドカードの裏面に顔写真が入っているので、海外でも安全性がグンとアップします。紛失や盗難時の不正使用も防止できます。

  5    ハーツレンタカーの年会費が無料

世界150ヵ国のネットワークを誇るハーツレンタカーの年会費が無料になります。面倒な手続きをせずに、海外出張や旅行での快適な移動ができます。

  6    家族の頼りになる健康110番

日常生活で生じる医療、ストレス、健康の不安について、医師、看護師、保健師などの専門スタッフが電話で年中無休の24時間対応で相談に応じます。

上記は2014年1月時点の情報になります。詳細は三井住友VISAゴールドカードのホームページでご確認ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

楽天プレミアムカード

海外ではWi-Fiのレンタルが安い

空港ラウンジの基礎知識

1分でわかる空港ラウンジ
空港ラウンジで快適なひととき
国内空港はゴールドカードでOK
プライオリティパスとは?

空港ラウンジのサービス

成田空港の空港ラウンジ
羽田空港の空港ラウンジ
関西空港の多彩なラウンジ
仁川(インチョン)空港

プライオリティパス提携

アジア・オセアニア
中東
ヨーロッパ
アフリカ
北アメリカ
南アメリカ・カリブ諸島

ラウンジカードの比較

年会費と空港ラウンジ数で比較
マイルと空港で得をするクレカ
マイルの貯まるカードを比較

ラウンジカードの一覧

セゾン・プラチナ・ビジネス・ア
楽天プレミアムカード
MUFGカード・プラチナ・アメ
ANAアメリカン・エキスプレス
ANA JCBワイドゴールドカ
JAL CLUB-Aゴールドカ
デルタ スカイマイル アメリカ
デルタ スカイマイル シティ・
アメリカン・エキスプレス・スカ
ダイナースクラブカード
セゾンゴールド・アメリカン・エ
三井住友VISAゴールドカード
JCBゴールド
JCBゴールド EXTAGE
JCBドライバーズプラスゴール
20代も持てるゴールドカード

ゴールドカードの特典

大人が持てるゴールドカード
ゴールドカードのお得なメリット
カード付帯の海外旅行傷害保険
トラベルデスクが強力サポート
カード1枚でスマートな海外旅行
ポイントで航空券が貰える
ゴールドカードの審査基準
インビテーションで上級カード